ABOUT

ABOUT

「革切子」とは

■伝統工芸「切子ガラス」と皮革製品とのコラボレーション

革もガラス同様「削る」ことが可能な素材である点に注目し、切子の
ように削り、さらに包むように曲げることで独特の立体感を表したのが「革切子」です。

切子の繊細さ、美しさ、高級感を維持するのに皮革という素材は相性が良く、
皮革ならではの柔らかさ、丸みをプラスすることで艶やかさを演出します。

■革切子への思い

日本とは何か、ファッションカルチャーとしてどう発信すべきかを考えた時、
和や伝統だけに終わらない“かっこよく持てるもの”としての表現が必要だと考えました。
そこで着目したのが切子ガラスです。

ガラス細工と同様に革に切り込みを入れたレザーを、包むように曲げることで
生まれる立体感。そのモダンで妖艶な表情は、日本の伝統美を昇華させ“新しいカタチ”
を与えています。鋭角的になりすぎず、流線のひし形を成す革切子の日本らしい
優美さ、触れた時のフィット感をぜひお楽しみください。

実用新案登録第3195757号